不動産売却損回避!注意点 査定・相場・費用 ・確定申告

MENU

不動産を高く売るためのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

一般的には不動産売買に慣れている方はとても少ないと思います。
色々な事情で家や、土地を売却したいと思った時に、全くわからないと混乱し、何をどうしたものか困ってしまいますね。
そこで不動産売却時の損をできるだけ回避すべく、売却時の注意点や査定について、相場、費用、確定申告など諸々のことをまとめていきたいと思いますので参考にしてください。

 

不動産売却の4つの大きな流れ

1:売却査定
売却したい物件の価値を査定してもらいます。
不動産屋を決めてから売却査定でも、複数査定を依頼してから不動産屋を決めても順番はどちらも合っています。

 

ただやはり、不動産会社で査定額のバラつきがあります。
その為、複数の会社に一括で査定が可能な便利なサービスがあるのでそのようなものも利用してみるのもおすすめです。

 

2:媒介契約
不動産会社に不動産の購入者を探してもらう為に契約をします。
事前に行なった査定額を参考に売り出し価格が決定します。

 

査定時の金額よりも上になる場合も下になる場合もあります。

 

3:価格交渉・売買契約
駆け引きスタートです。売り出し価格よりも売却額が高くなることは考えられず、値下げ交渉となるでしょう。

 

この時期には退去していても指定なくてもどちらでも大丈夫です。
値下げに応じなくても購入してくれた経験もあります。

 

4:手続き
売却が成立。
所有権を買主に移転する登記などの書類手続きに入ります。
物件の売却代金を受け取り引き渡しで完了です。